お花見レガッタ

新3年になる中根です。
自分の番ではないですが、今、お花見レガッタの帰りの車の中で時間はとてもあるので書いています。


今回は4xのメンバーのみ、お花見レガッタに参加しました。


結果は参加クルーが少なく、高校生もエントリーしていた中ですが3位でした。
3月に戸田でレースができたことは大きな刺激になりました。





以下、自分の感想です


今回、戸田に行って、自分たちのような地方大学がインカレなどの大きな大会で勝つということはとても大きな価値があるものなのではないかと感じました。

戸田には大会が無い限り行かないため、年数回しか戸田では漕ぎません。
練習環境も信濃川は戸田に比べてコンディションは良くありません。


このように不利な面はあります。



でも反対に戸田で漕ぐことはあまりないため、戸田のボートコースを見ただけで自分はワクワクします。
また、いくつかのマイナス面がある中でその差を超えて勝つことができたらその喜びはとてもとても大きなものであると思います。

しかし、勝った人の喜びは勝った人にしか分かりません。多分、とてもうれしくてやっていて良かったと思うんじゃないかと思います。


自分はその喜びを実際に感じたいとお花見レガッタで戸田に来て改めて思いました。

実現するにはまだまだ遠いですが、実現できる期間は最大あと1年半しかないため、もうやるしかないです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お花見レガッタ、お疲れさまでした。メダルもよく似合ってますよ。
戸田で練習できていれば練習相手もたくさんいますし、プレジャーボートもいないし、こんな素晴らしいところで練習できれば新大も絶対強くなると、よく私も考えていました。

あるマンガの登場人物の言葉ですが、
「障害があったらのりこえればいい!道を選ぶということは、必ずしも歩きやすい安全な道を選ぶってことじゃないんだぞ」
というものがありました。ある人物が分かれ道で一方の道を選んだところ、たまたま路上でプロボクサーにスカウトされ、世界チャンピオンまで登りつめた、という話だったと記憶しています。
ただ、ここで大事なことは、道を選ぶのはきっかけの一つであって、結果はやはり自分の力で切り開いていかなければならないということだと思います。本件でも、選んだ先の道にはスカウトがいたというだけであって、世界チャンピオンになるためには相応の練習を積み重ねた事実があるということを見逃してはなりません。
たとえ、嫌なことがあったり、先がつらいとわかっていたりしても、逃げることなく甘んじて受けて立ち向かっていく姿勢が大切だと言っているのだと考えます。
そのことが、「障害があったらのりこえればいい」につながってくると思います。

難しい話になって申し訳ありません。
プロフィール

新潟大学ボート部

Author:新潟大学ボート部
創部:1955年
現在の部員数:30人
練習場所:信濃川
戦歴:全日本クラスの大きな大会での入賞多数
HP:https://sites.google.com/site/xinxidaxuebotobuhp/
Twitter:https://twitter.com/NiigataURowing7

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR